名古屋バスレーン 事故多発なのはなぜ?

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出張ペーパードライバー講習名古屋で開催してますグリーンペーパードライバースクールの野島です。

 

今回は、【名古屋バスレーンなぜ走る?】

です。

最近ニュースで出ていました

 誰もが走行中に戸惑う道路が名古屋にあるといいます。そこは事故が起きやすい「魔の道路」として知られ、警察も対策を加速させています。「魔の道路」と呼ばれる、そのワケとは?

CHOKYO TV

中身は、記事を読んでいただいて、知らない方も多いとは思います。

以前、スクールでアップした動画でバスレーンを走行している動画がありますので見て下さい。

右折レーンが左にある!?名古屋市内の最も注意しなければいけない道路の走行動画

ようは、

ふつうは、左端にあるはずのバスレーンが道路の真ん中にある!
ってことです。

知らない人は戸惑いますよね?

でも、注意深い人は知らなくても間違えないと思います。

だって、バスレーンですからね。

時間以外はバス優先なので、一般車も走れます。

でも、走れるからとは言ってもバス優先には変わりないので、無理にこのバスレーンを走る必要はないんですよね。

ここのバスレーンも見て分かるように、他の車線と色が違っています。

なので、普通の車線では無いのは一目瞭然です。

一番大事なのは、

なぜ逆走してしまうのか?ではなく、なぜバスレーンを走っているのか?
です。

通常の一般車線を走っていれば、ほぼまっすぐ走れます。

間違える事は無いですね。

知らない道なのに、知らない車線を気にせずに走ってしまう

そこが一番の問題では無いでしょうか?

今一度、ご自身の運転を見返してみませんか?

知らない土地に行ったときに、空いてる車線があったのでそっちに行ったら右折レーンだった!

とかありませんか?

知らない土地や知らない道では特に注意をして運転してください。

コメント