重要標識

重要標識重要標識

自動車学校のペーパードライバー講習とは根本的に違います。

ここでは、最低限知っておかないといけない標識をあげてあります。
標識を守らなかったり、見落としでしまったりした場合は交通違反になりますし、事故につながり大変危険です。
普段車に乗らない生活をしていると、意外と標識は意識をしない事が多くあります。

例えば、一方通行の標識。
住宅街に結構多くあるのですが、日頃徒歩や自転車の場合、意識することがほとんど無いと思います。
しかし、車に乗ってみると、意外と一方通行の標識が多くあることに驚かされると思います。 車に乗っていたら、標識はきちんと守らなければいけません。

住宅街などで一番多い事故が出会い頭の衝突事故です。
車同士・車対自転車・車対歩行者、色々なパターンがありますが、車の運転をしている以上加害者になるケースが圧倒的に多く、対自転車・対歩行者だと大怪我をさせてしまうかもしれません。
そんな事故を起こさないためにもきちんと標識を理解しましょう。

重要道路標識

見かけることの多い標識を集めてあります。最低限これは覚えておかないと事故の危険が高まりますし、違反行為で切符を切られることになりますのできちんと覚えましょう。

駐車禁止

車は、駐車をすることは出来ません。

一時停止

車と路面電車は停止線の直前で一時停止しなければなりません。 停止線が無い場合は、交差点(標識)の手前で一時停止しなければなりません。

駐停車禁止

車は、駐停車をすることは出来ません。

一方通行

車は、矢印の方向にのみ通行することが出来る

車両進入禁止

車は、進入出来ません。

通行止め

歩行者・車・路面電車の通行は出来ません。

横断歩道

横断歩道があることを示している。(指示標識)

最高速度

車と路面電車は標識に示されている最高速度超えて運転をしてはいけません。(例外あり))

指定方向外進入禁止(直進のみ可)

車は矢印の方向以外に進行してはいけません

指定方向外進入禁止(左折のみ可)

車は矢印の方向以外に進行してはいけません。

指定方向外進入禁止(直進・左折のみ可)

車は矢印の方向以外に進行してはいけません。

車両通行区分

交差点で進行する方向別の通行区分を示してある。

重要警戒標識

警戒標識のため、この先に現在の道路状況と違うことが起こる事を表しています。早期に発見出来れば、事故やトラブル回避につながり、スムーズな運転が出来るようになりますので黄色の警戒標識を見かけたら十分に注意しましょう。

信号機あり

この先信号機あり

十形道路交差点あり

この先十字交差点あり

踏み切りあり

この先踏み切りあり

踏み切りあり

この先踏み切りあり

学校あり

この先学校、幼稚園、保育所あり

車線数減少

この先車線数減少あり

すべりやすい

この先滑りやすい(凍結時など)

左方屈曲あり

この先左急カーブあり

動物が飛び出す恐れあり

この先動物の飛び出しに注意(図柄は色々あり)

道路工事中

この先道路工事中(工事関係者が設置する場合が多い)

標識は運転する以上守らなければいけないものです。

住宅街での出会い頭の事故で一番多いのは、標識の見落としです。

見にくい十字交差点では、どちらか一方・あるいは、両方にとまれの標識があります。
きちんと標識がある側が止まって左右を確認していれば防げた事故は多くありますし、万が一事故になってしまっても事故が小さくて済むかもしれません。
標識を守るということは、事故を防ぐということ以外にも事故を小さくする効果がありますのできちんと標識を守って走行しましょう。

標識をきちんと見る癖をつけて、安全運転で!