QLOOKアクセス解析

【分かりやすいエリア別料金】で希望のエリアからペーパードライバー講習をスタート!

出張ペーパードライバー講習

名古屋エリアを走る時の注意すべきポイント


名古屋市内

中区 中村区 昭和区 瑞穂区 熱田区 南区 緑区 天白区
千種区 名東区 東区 中川区 西区 港区 北区 守山区

東区エリアの注意するポイント

名古屋市東区は、東片端付近は国道41号線など非常に交通量が多く、大曽根・名古屋ドーム付近は野球がある時などは非常に混雑します。
東区は、東西に長く地下鉄栄駅付近から砂田橋までの区間になります。
栄・新栄付近は常に交通量が多く大変混みあいますので車線変更はかなりの注意が必要です。
砂田橋付近は、ナゴヤドームが近くにあったりと休日には時間帯によって大変混みあいます。
なかなか車動かないな~!なんて思ったら右折車が並んでいて動かないだけだった!なんてこともあります。

赤塚交差点は、ニュースになるくらい逆走事故が起きやすい交差点です。
東西に伸びているバスレーンを走行すると、交差点内で反対車線のバスレーンに進入してしまうことがあるからです。
十分に注意して走行しましょう。
このエリアを走るときに注意すべきポイントは
●道路が詳しくないならきちんと下調べをしておく
●周りの状況を常に確認する
●赤塚交差点のバスレーンには特に注意をする。
●車線が多いのであらかじめどこで車線変更するのか?を決めておく
名古屋エリアでも最も走りにくいエリアの一つなので、十分に注意して走行しないと事故につながります。
出張ペーパードライバー講習で練習しておくと良いでしょう。

↑ PAGE TOP