QLOOKアクセス解析

【分かりやすいエリア別料金】で希望のエリアからペーパードライバー講習をスタート!

出張ペーパードライバー講習

名古屋エリアを走る時の注意すべきポイント


名古屋市内

中区 中村区 昭和区 瑞穂区 熱田区 南区 緑区 天白区
千種区 名東区 東区 中川区 西区 港区 北区 守山区

熱田区エリアの注意するポイント

名古屋市熱田区神宮エリアは、東西に国道1号線、南北に国道19号線と片側3車線を越える大通りが交差しています。常に交通量の多い場所で国道1号線側では右折レーンが2車線あったりと初めてだと戸惑うことが多い交差点です。

熱田神宮周辺は常に交通量も多く、19号線は車線数も直進3車線、右折1車線、左折1車線と片側5車線もあるため、急に車線変更をしてくる車両が後を絶ちません。
常に自分の車線ばかり気にせずに、左右の車線の動きも注意して他車の急な動きに対応出来るようにしましょう。


このエリアを走るときに注意すべきポイントは
●車線が多いのでどの車線を走るのかをあらかじめ確認しておく。
●周りの状況を常に確認する
●国道1号線では、車線の増減があるため、常に前方の状況を確認する。
●車線が多いのであらかじめどこで車線変更するのか?を決めておく

大通りは矢印信号が多いのできちんと信号を見て矢印の指示に合わせて走行しましょう。(隣の車線の車につられないように)
大通りは車線が多いですが、道は分かりやすいので慣れれば走りやすいでしょう。ただし、信号の変わり目などで信号無視気味の車両が多くありますので注意が必要でしょう。

出張ペーパードライバー講習で練習しておくと良いでしょう。

↑ PAGE TOP